忙種の候、館内には多彩な才能が見え隠れ。

Posted on 2 years ago in 未分類 by Urbanlive Hashimoto.

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
梅雨が続き、なかなか外にでられない日々が続きますね。今日はアーバンリブ金池の室内での、嬉しい取り組みをお伝えします。

玄関に、97歳のご入居者さまの俳句を職員が書いて飾るのが、毎月の恒例になり、今月は何かな?と楽しみにしていただくようになりました。またご家族さまやご見学の方々に、お声をかけて頂くのも、この上ない喜びです。

すると最近、こちらもまた95歳のご入居さまが、ご自身で色紙に百人一首を書いて、8階食堂に飾ってくれるようになったんです!


「毎月一句、いつまで続けられるかなあ」と笑うOさん。本当に嬉しいです。(涙)

さらに、他のご入居さまは、昔からご趣味というちぎり絵を、ホームに飾ってくれるように。

このような連鎖反応は嬉しくて嬉しくて、そして同時に、みなさまの多彩さに脱帽です。ご謙遜なさる方々の多い世代、まだまだ爪を隠していらっしゃる方も!いるはずですね。
日々の会話の中から、皆さまの多彩さを教えて頂いて、ご披露お願いしたいなと思っています。
目指すは秋の文化祭!?です。