あたたかいお食事で、心も、身体も。

Posted on 4 years ago in 職員より by Urbanlive Hashimoto.

みなさま、こんにちは♪

今週末の西日本はここ最近一番の冷え込みだそうで、寒さも本格的になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

アーバンリブ金池では、当然のことながら健康管理に重点を置いておりますが、食事は最も大切な健康管理ともいえるかも知れません。そして衣・食・住の中で、毎日の大きな楽しみですよね。

アーバンリブ金池の食堂は開放的な空間の8F。ご希望によりお部屋でゆっくり召し上がっていただくことも出来ますが、多くの皆さんには8階に上がってきていただき、一緒に食事の時間を楽しみます。

 

8階の調理場ですべて手づくりしていて、栄養士のつくる献立は、肉・魚・野菜・果物がバランスよく入っています。カロリー計算はもちろん、入居者さまお一人おひとりの好みや、食べやすさなどに合わせたものをお出ししています。職員も皆さんと同じものをいただいていますが、とてもおいしく、施設長も「お陰で私も体調がいいようだ」と笑っています。

 

食事で大事なのは季節感。日々旬の食材が使われるのはもちろん、クリスマスやお正月料理、お花見などの行事食のときには、皆さんからの歓声があがります。もちろん、郷土料理のやせうま、だんご汁、とり天、りゅうきゅう、とりめし・・・も登場!懐かしい食卓に会話も弾みますし、県外からの入居者さまには、県内出身の方が解説するあたたかな社交的なシーンも。
アーバンリブ金池の食事は、とてもおいしいと評判です。もちろん体験入居でも味わっていただけますし、いつか“試食会”の開催!もいいかもしれません。

スクリーンショット 2016-01-22 11.14.35

↑↑こちらは春のお花見の御膳です。

スクリーンショット 2016-01-22 11.15.11

↑↑夏にはお祭りをイメージした御膳も。

スクリーンショット 2016-01-22 11.14.03

今月のメニュー例です。我らが管理栄養士さん渾身の作。