元気と笑顔が増えています!“学習療法”

Posted on 4 years ago in 役員より by Urbanlive Hashimoto.

今日は、アーバンリブ金池の新しい取組みをご紹介します!

みなさんは「学習療法」をご存知でしょうか。

認知症を患った方の脳機能維持や改善、また予防するための療法です。

アーバンリブ金池では、今年4月からスタートしました。

ゲームのようなものから、短い文章の音読、簡単な計算などを、資格を取得した施設の職員たちと一対一の対面で、

およそ30分間、その方のペースに沿って行っています。

現在、要支援1~要介護4の10名の入居者様が取り組んでおられます。

皆様とても積極的で、学習中は、真剣なお顔、嬉しそうなお顔、悔しそうな苦笑い・・・

職員たちとのコミュニケーションの中、色々な表情を見せてくれます。

「集中して計算すると汗ばむくらいだよ!」と清々しく話してくれることも。

KUMONさんに聞いてみると、学習によって腕や手の筋肉がよく動かされている証拠で、よい体感ですね!との

ことでした。

音読教材の文章をきっかけに、ご自身の昔話をしてくれることもあり、今まで知らなかった入居者様の一面を垣間

見ることが出来る、職員にとっても、嬉しく学びの機会になっています。

 

こんな嬉しいことも起きています。

入居当初は少々ふさぎがちだったAさん(88才女性)は、学習療法を始めて2ヵ月過ぎた頃から、かなり遠ざかって

いた趣味の編み物を始められたんです。

今では明るく楽しく、編み物に勤しんでおられます。(ゆっくり続けてくださいね・・・。)

今後も、より多くの方々に学習療法に取り組んでいただき、認知症改善、予防に繋げるとともに、ホームの様々な

ところで楽しい会話や笑顔で溢れることを目指していきます。

gakushuryouhou